カントン 保険

カントン包茎は保険が効く!!

健康保険証

亀頭を締め付けるなど、窮屈な状態のペニスになるカントン包茎ですが、泌尿器科で治療する場合は保険が適用されます。病院にもよりますが、保険適用で1万から3万程度の費用で包皮の切除など治療を受ける事が可能です。ただ、それでも泌尿器科ではなく、保険が適用されない美容形成外科で手術を受ける人が多いのです。それはなぜでしょうか?

カントン治療に保険を使わない理由とは?

包茎の男性

男性であれば自身の性器に自信を持ちたいと考える人が多いです。そのため、術後の見た目に気を遣う人が多いのです。実際、泌尿器科で手術を受けたことで満足している人も多数いる反面、傷痕が残ったりツートンカラーになったり、包皮のムケが不十分だったり、術後の見た目を中心とした不満が多いのも事実です。泌尿器科の手術は、あくまで病気の予防改善としての手術であり、美容の面は考慮されていないためです。そのため、保険が適用されなくても美容の面を重視して美容形成外科クリニックで手術を受ける人が多いのです。

 

術後の仕上がりを求める人が選ぶクリニック!!

カントンを保険なしで治療する場合、美容クリニックで平均すると20万近くの費用がかかります。中には数百万といった治療費を請求して問題になった事もあるくらい、クリニックにも数多くの種類があり、どこも同じではありません。以下には、包茎クリニックの中でも実績と技術力の高さ、あとは費用の面で他のクリニックよりも評判が良い人気の包茎クリニックを厳選してご紹介します。

 

ABCクリニック

 

 

カントン保険なし治療クリニック

 

 

安心・安全・安価の3つのAをコンセプトとし、包茎クリニックの大手として実績を誇るのがABCクリニックです。男性専門のクリニックとなっており、低価格で高い技術力を持つクリニックとしても知られています。カントンを保険なしで治療するわけですが、その費用は150,000円とクリニックの中でも低価格な治療費設定となっています。よほど状態が悪い場合でなければ、この費用以外に追加でかかることはありません。

 

保険が適用されない手術ですが、その分仕上がりの良さに関しては期待が持てます。実際、ABCクリニックでは、他で手術をして、仕上がりが気に入らずに修正治療に訪れる人が年間で1000人を超えています!それほど、ABCの技術力には定評があるのです。カントン包茎で見た目、機能の面でも不満がある人が他社と比較してABCを選ぶケースも非常に多いです。

 

ABCには包茎のエキスパート医師が在籍し、日々沢山の人々の悩みを解消しています。まずは本当に包茎の手術が必要かどうかも含め、医師に直接相談してみる事をお勧めします。ABCでは無料のカウンセリングを実施中です。全国規模のクリニックですので、お近くにクリニックがあるかどうかチェックしてみましょう!カウンセリング予約はWEBで簡単に出来ます!

 

 

東京ノーストクリニック
東京ノーストクリニック

 

東京ノーストの包茎技術であるコスメティック法は、他院でもお手本とされるほど高い技術力です。東京ノーストでは、カントン包茎の手術費は73,500円〜もしくは178,500円〜となっています。保険は適用されませんが、その代り仕上がりの期待度は高くなっています。

 

上野クリニック
上野クリニック

 

包茎業界でも認知度の高い上野クリニックも又、カントンを保険なしで治療するクリニックです。技術力もそうですが、価格が明瞭なところも安心して選ばれている秘訣です。

 

 

包茎に潜む様々な問題点

包茎は病気じゃない!むしろ自然な状態だという意見が多いものの、やはりいくつか問題点もあります。そこで、包茎に潜む問題点についてまとめてみました。

≪不衛生になる≫

一番の問題点は、不潔になりやすいということでしょう。いつも皮を被った状態だと垢が溜まりやすく、そこから細菌に感染しやすくなります。すぐに皮がむける仮性包茎の場合はお風呂のときなどにこまめに剥いて、しっかりと洗っておきましょう。性行為の相手にも悪影響を及ぼすので、行為の前に洗うことも大事です。剥けない場合は、手術が必要になります。

≪性感染症リスクが高まる≫

不潔になるというおとは、それだけ性感染症のリスクが高まるということにもなります。常に清潔に保つことを心がければいいのですが、つい忘れてしまって垢が溜まり、ニオイを発してしまうことも多いです。自分だけの問題ではないので、注意しましょう。

≪陰茎の成長を妨げる≫

子供のころから四六時中皮を被った状態でいると、陰茎の成長を妨げてしまいます。小学生ごろからお風呂のときに自然に剥けるようになりますが、無理をしない程度に剥いて亀頭を露出させておくことも大事です。ひどい場合は皮に埋もれるぐらいになったり、先細りになったりします。

≪精神的なコンプレックスになる≫

どうしても包茎だからと気にしてしまう男性が多く、何事にも自信が持てずジムや温泉などを楽しめないという人もいます。いっそのこと包茎手術をして肩の荷を下ろしてしまうのもいいでしょう。