包茎手術 問題

包茎手術で起こる可能性のある問題点は何か?

 

包茎手術は性器にメスを入れるわけですから問題が100%ないとは言い切れません。どんな問題が起こる可能性があるか、事前に考えておくのはよいことです。

 

大きく分けると問題点はデザインと機能の2つになります。手術後のデザインの仕上がりが悪いというのが口コミでよく言われているようです。

 

ペニスがねじれている、縫い目が目立つ、縫い目が腫れて痛いなどの意見があります。剥け方や色が不自然であるため手術を受けたことがばれやすいと言う人もいます。

 

機能面の問題には何があるでしょうか。皮を切りすぎたため勃起時に突っ張る、出血するという問題が起きた例があるようです。

 

性感帯を切除してしまったことによる感度低下、勃起や射精ができないというケースもあります。包茎手術で起こりうる問題を事前に考え、担当医と十分に話し合うとよいでしょう。

 

包茎手術がうまくいくかどうかはやはり医師の腕にかかっているので、何件もクリニックを見て話を聞き、良い判断をすることが大切です。まずはクリニックの評判を口コミなどで見てみるとよいでしょう。