包茎手術の失敗とは

包茎手術の失敗とは?

包茎手術を検討されている方が最も恐れるのは失敗することではないでしょうか。性器というデリケートな箇所をいじられた上に、手術が上手くいかなかったと考えると、手術に踏み切れないのも当然です。一般的には包茎手術はさほど難しくないと言われています。

 

しかし必ず成功するわけではありません。どのような手術でも成功するとは限らないのが医療です。ではどのような状態ならば包茎手術は失敗したと言えるのでしょうか。まず誰もが失敗であると言えるのは、性器自体の機能に何らかの影響が出た場合となります。

 

包茎を治しに行ったのに性器に影響が出ては本末転倒であり、この状態を避けなければいけません。この状態になってしまうことは基本的にはありませんが、前述の通り絶対にないとは言えません。

 

そして、性器の機能に影響は出ていないものの、失敗と感じやすいのが仕上がりです。病院で手術を行う場合は基本的に包茎の治療のみが行われますが、クリニックの場合はオプションがある場合もあります。

 

陰茎を長くする、綺麗に仕上がるようデザインするといったことが行われるので、予想していたものと違うと感じることはあるかもしれません。機能そのものには影響が見られないものの、見る人が見れば、手術を行ったと分かる状態も人によっては失敗と感じるでしょう。

 

これらを防ぐ手段はなく、基本的には信頼できるところで手術を頼むしかありませんが、口コミを鵜呑みにするのも危険です。