包茎手術で手術痕が残る?

包茎手術で手術痕が残る?

包茎手術で気になるポイントの一つが、手術痕が残るかという点と思われます。包茎手術を行ったと分かる痕が残ると、仮に包茎が治ったとしても複雑な気持ちになるのではないでしょうか。しかし手術痕が残ることはあります。厳密に言えば、包茎手術の痕が一切残らないということは有り得ないと考えて良いでしょう。

 

実際に体のどこかを手術された方なら分かるかもしれませんが、メスを入れるということは体に傷をつけるということです。もちろん現代では傷を隠す方向の技術も発達していますが、それでも完璧に隠すことは難しいでしょう。陰茎はさほど大きな部位ではありませんが、メスを入れるという点では一般的な手術とさほど変わりません。そのため、傷を完璧に隠すことは不可能に近いのです。

 

しかし、必ずしも傷が目立つとは限りません。前述の通り大きな部位ではなく、基本的に露出することが少ないので、普通に生活するだけなら傷が目立つことは殆どないでしょう。もちろん、銭湯といった場では目立つかもしれません。基本的に、泌尿器科といった病院では手術痕について配慮してくれるということは少ないかと思われます。

 

そのような配慮のある病院もあるかもしれませんが、少数でしょう。美容クリニックでは傷跡についても隠す方向で包茎手術を行ってくれるでしょうが、全く傷跡が残らないというような感じで謳っているところは疑った方が良いです。前述の通り、傷をなくすのは困難であり、不可能なことを述べている可能性があります。