包茎手術の種類・Vカットについて

包茎手術の種類・Vカットについて

包茎手術には様々な方法がありますが、その中にVカットと呼ばれるものがあります。
Vカットとはいったいどのような手術なんでしょうか。

 

Vカットとは、包皮小帯温存法とも呼びます。
包皮小帯とは亀頭の裏にある尿道の穴から続く筋状のものです。
ここは男性の性感帯があると言われている場所です。
包皮小帯は皮なので切り取るだけで性感帯が全くなくなるわけではありませんが、やはり手術によって感度への影響が無いとも限りません。

 

そのため、できるだけ性感に影響を及ぼさないようにするために、できるだけ残しておこうとする温存法があるのです。
手術のときには包皮小帯を避けるようV字に切るので、Vカットと呼ばれます。
手術料金は単純な包茎手術料より少し高めになります。

 

また、Vカットを用いた包皮小帯温存法のメリットは、見た目上の問題もあります。
見た目を気にして包茎手術をする人は多いですが、明らかに手術したことが分かる外見ではまた人目を気にしてしまいます。
その点Vカットなら素人目にはばれにくくできます。

 

もし小帯を希望しているなら技術力の高い医師を探しておき、Vカットに対応しているかを確認しておきましょう。
また、料金も高めになるので、支払い方法についても相談しておくといいですね。
ただし、あまりにも料金の差がありすぎるのはちょっと問題です。
皮の切り方は切り過ぎもよくありませんし余らせすぎもよくないので、事前の計測シミュレーションをちゃんとするクリニックがいいでしょう。
特にカントン包茎の費用は高く設定される事が多いので、治療比較には慎重になりましょう。